タグ別アーカイブ: ドバイ・アテネ経由チュニジア旅行記

チュニジア スース禁断の立ち食いケーキ屋

スポンサードリンク

スースの繁華街にPATTISSERIE CHERIFというお店にお客さんでごった返していたので気になって入ってみると

おいしそうなケーキが・・・・・で値段をみると10.00とか9.50とあったので1個500円くらいするのか、けど人気があったらチュニジアでもそれくらいするかと思ったら、計算違いでして。実は50円(1個)だったんです。その事実に加えて

その場で立ち食いができるんです、それを知った瞬間、節制のブレーキが切れました。。。

 

 

2日間にわたり、3回お店に行き2個づつ計6個(全部で400円弱)をいただいてしました。自分の中で世界B級絶品スイーツ店を3店認定していましたが、これは4店舗目として堂々の受賞です。

(ご参考)独断と偏見世界B級絶品スイーツ店
1、アメリカ ニューヨーク Silver Moon Barkery
2、ポルトガル リスボン Pasteis de Belem
3、中国 マカオ カフェ・エ・ナタ


カテゴリー: チュニジア | タグ: | 2件のコメント

チュニジア スース-エルジェム 鉄道の旅

スース鉄道駅、ここから世界遺産に指定されているエル・ジェムの闘技場を観に行きます。この闘技場、本当に旅行の前から楽しみにしていただけあって気合を入れていきます。

こちらが切符

実はスースは支線の端っこに位置するため本線と交る駅まで行き乗り換えが必要となります。

乗り換えましたが、しばらくすると駅で停車。どうも単線のため列車の待ち合わせです。

煙草を吸うか勧められました・・・・・

本当こっちの人ってタバコ好きなんですよ、ただマナーはまだ駄目ですね。車掌さんも吸っていましたw

スースを出て1時間ほどしてエルジェムに到着。

NHKでも見たあの闘技場が見えてきました!

カテゴリー: チュニジア | タグ: | 2件のコメント

チュニジア エルジェム 世界遺産 円形闘技場 1

はるばるやってきましたよ!エルジェムの円形闘技場。ちなみに目の前のラクダは観光用ですw 一緒に写真撮るともれなく高額請求くらいます。

う●こタイムでした。

ところでローマ帝国の象徴 円形闘技場。帝王が自分の権力を誇示する場として様々な闘いをショーとしておこない当時の民衆を熱狂させました。その代表例がローマのコロッセオなんですが、こちらのエル・ジェムの闘技場の保存状態は本家よりはるかにいいということなんです。

では入ってみましょうか。

コロッセオよりスケールこそ小さいものの、迫力は半端ないです。

 

 

 

素晴らしい遺跡を前に興奮しまくりなんですが、直接浴びる日差しも半端ありませんw

 

ローマのコロッセオと多く異なるもう一つの点は、観光客が少ないこと。つまりこの遺跡を独占状態で観ることができるわけです。

カテゴリー: チュニジア | タグ: | コメントをどうぞ

チュニジア エルジェム 世界遺産 円形闘技場 2

ひたすらエルジェムの円形闘技場内を歩きます。

 

上段に上がってみます。

 

西はイギリス、東はトルコ、南は北アフリカ、ローマ帝国のスケールのすごさに改めて気づかされました。

ところで円形闘技場でのバトルを通じて当時の支配者は民衆の熱狂を誘い統治に利用してきましたが、それと同じシステムが今もあるのではないかと思っています。

それは、フットボールです。

カテゴリー: チュニジア | タグ: | コメントをどうぞ