シンガポール KINOKUNIYAで見つけた自分の足跡

スポンサードリンク

実は今回オーチャードの高島屋にある紀伊国屋には楽しくて2回ほど行っていました。

それは日本では全然知らないようなマニアックな洋書がジャンル別にそろっている他に、日本では入手困難なアジアの本を手に取ることができるからです。リークアンユの自伝・・・・、マレーシアの実業家の自伝などちょっとアジアオタクな僕にはたまらないものがそろっています。

そして、さらに個人的な事情で今回確認しておきたかったことがあります。

実は、昨年のシンガポール旅行で買ったシンガポールの実業家が書いた本に僕が日本からメールで送った書評が第4版に載ったという話を聞いていました。

しかしこの本は日本では売られておらず確認するすべがありませんでした。そして訪れた今回のチャンス。逃すわけにはいきません。


↑ official siteより

KINOKUNIYAで見つけて、その第4版に本当に載っているのか確認したところ本の後ろに・・・

あったー僕の名前とつたない感想が。

ただ、あまりにも他の人の文書とのレベルの乖離がひどく
はずかしいので一文は消しちゃいましたが。。。

これは今回のシンガポール旅行でうれしい瞬間でした。


関連記事


カテゴリー: シンガポール 観光 グルメ   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください