日本航空 JL41 羽田-パリ プレミアムエコノミークラス 搭乗記

スポンサードリンク

搭乗の時間がやってきました。 時差を超えてひたすら暗闇を飛ぶミッドナイトエクスプレスです。サクララウンジでシャワーを使ったこともありすっきりはしていますが、やはり眠い・・・・
 

ビジネスクラスとエコノミークラスの中間にありました、座席数は一番少ないかも。

こちらにプレミアムエコノミーの座席の特徴がまとまっています。

東京・深夜発、パリ・早朝着とあって12時間以上ひたすら暗闇を飛び続けます・・・・
プレミアム エコノミーはやっぱ楽でした。エコノミーにはないアメニティ袋やスリッパが用意されていました。ただキャセイとかだとエコノミーでも長距離はアメニティもらえるけどね。

スープストックとコラボしたことがわかる機内食メニュー表が渡されました。

日本航空が最近一部の路線でSoup Stock Tokyoとコラボした機内食提供をスタートしたということですが、ちょうどパリ線がまさにそれでした。

最初に日本とフランスの素材を使った蒸しパン

その後の機内食はスープストックだけにスープを選択。

その他は必要な時にスカイオアシスコーナーで勝手にジュースや水、スナックが取れるようになっていました。

最後はサンドイッチと言う感じでした。

暗闇を走り続けるこのフライトもようやく終わりをつげヨーロッパに着陸です。

※日本航空 成田-パリのプレミアムエコノミー旅行記詳細レポート(HP版)はこちら


関連記事


カテゴリー: 日本航空搭乗記・機内食・ラウンジ利用記   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。