日本航空 成田-ローマ エコノミークラス 機内食にみる苦境

スポンサードリンク

1回目に出された昼食、ビーフですね。

2回目の朝食(夕食?)はスープ料理です。

これらの写真は、先日親が参加したツアーのときのものです。昔なら日本航空指定のツアーはワンランク上のツアーに使われたものですが、今や搭乗率をあげるためにかなり安い値段で旅行会社に座席を卸しているとか。

そのため搭乗率が上がってもキャッシュの入りは改善せず、相変わらず毎日推定5億円の赤字を垂れ流しており、累積で1600億円まで積みあがっているようです。

それに加えて経済合理性を無視したマイレージ連発で目先のキャッシュを取り込み、見えない負債(マイレージ)を乱発して負の積み上げる構造になっています。気がつけばデルタ航空やユナイテッド航空のような「安かろう悪かろうグループ」にはまりつつある気がします。

※ちなみにこの後、成田⇔ローマは経営改善のため廃止になってしまいました。。。。。


関連記事


カテゴリー: 日本航空搭乗記・機内食・ラウンジ利用記   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください