ガルフ航空 バーレーン-オマーン・マスカット エコノミークラス 搭乗記

スポンサードリンク

インド人ドライバーに昼飯を誘われるも、たかられるのが腹に立つので拒否して一人で空港のCosta Coffeeに。イギリス資本の会社みたいですが、アラビア旅行であっちこっちで見ました。

温めてもらったサンドイッチはおいしいも。

軽い気持ちで頼んだカプチーノのLサイズには度肝を抜かれた、日本のillyの2倍はあった。結局飲みきれずカップに移し替えてもらいました。

ガラガラのゲートでバーレーンを拠点とするガルフ航空にチェックイン。ガルフ航空のスタッフの対応は素晴らしかった。

使いきれなかったバーレーンの通貨を使いきるべくバーレーン国際空港の免税店を周りいくつか買い物をしました。

そのうちの一つがこちら、スターバックス バーレーン タンブラー

そんな私の次なるガルフ航空のフライトはまたまた沖止め、なんかバスターミナルにいる気分だorz

さあ搭乗しましょう、機材は小型機でした。

私の座席の隣は白人のビジネスマンでした。ここぞとばかりにワインをくらっていました。なかなかこっちの地域ではお酒は飲みにくいですか・・・・・

配られた軽食

無事に日が暮れかかりつつあるマスカット国際空港に到着です。


関連記事


カテゴリー: フライト・ラウンジレポート   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください