エミレーツ航空 A380 バンコク-ドバイ ビジネスクラス搭乗記 2

スポンサードリンク

座席はほぼフルリクラインまで倒れます、ただ興奮した私に落ち着いて眠れというのが無理な話。日本時間ですでに夜中の3時過ぎなのにねw

アメニティもアイマスクおよび靴下に加えて

ご覧のようなブルガリグッツが詰まったポシェットも、

そんなうちに飛行機は離陸をしていました本当静かでした、成田~バンコクの気流の悪さによる大揺れフライトとは天と地の差

ほどなくしてベットメイクをアテンダントさんがしてくれました。

パーソナールバーに入っていたミネラルウォーターのVOSS。1月のドバイ出張を思い出すは。

平行飛行に入ると、ドリンクとおつまみが。このおつまみが温かくおいしい!
では続いてはA380のバーカウンターに行ってみます。


関連記事


カテゴリー: エミレーツ航空搭乗記・機内食・ラウンジ利用記   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

エミレーツ航空 A380 バンコク-ドバイ ビジネスクラス搭乗記 2 への2件のコメント

  1. 牧田 より:

    ビジネスクラスですか〜。出だしからリッチな旅の予感が•••。これは本編が楽しみですね!

  2. junjun より:

    実は出だしでリッチ編は終了です、すべてにお金を費やすわけにはいかないのでメリハリが大事なんですw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください