カテゴリー別アーカイブ: バンコク 観光 グルメ

カンチャナブリー日帰りツアー 旧泰緬鉄道(ナムトク線)の旅

スポンサードリンク

いよいよ旅のクライマックス、ナムトク線に乗車

8割以上が外国人で特別料金適用です。

ご覧のようにカーブでは皆さん顔をのぞかせています。

そしてクライマックスのアルヒル桟道橋が

ここらへんも前きていたときはすたれていたけど、だいぶ変わった感じが

17時過ぎに現地を離れたものの、大渋滞に巻き込まれてバンコクに戻ったのは20時半。長い1日でした・・・・ではちょっとバンコク旅行記も飽き気味かと思いますのでちょっとワンクッションいれてみます。


カテゴリー: アジア鉄道 乗車記, バンコク 観光 グルメ, バンコク 観光・街歩きスポット, 鉄道関連トピック | タグ: | コメントをどうぞ

カンチャナブリー日帰りツアー クウェー川鉄橋

映画「戦場にかける橋」で有名になったクウェー川鉄橋のオリジナルは映画のシナリオ通り連合軍の攻撃で使えなくなりました。

で、今はその後に日本の戦後賠償によって作られたもののようです。

橋はご覧のように徒歩で渡れます。

そしてクライマックスはクウェー川鉄橋での列車通過です。

ゆっくりやってきました~

ちなみに我々はこの時は退避用スペースに隠れているんですよ!

カテゴリー: アジア鉄道 乗車記, バンコク 観光 グルメ, バンコク 観光・街歩きスポット, 鉄道関連トピック | タグ: | 2件のコメント

カンチャナブリー日帰りツアー 連合軍共同墓地&JEATH博物館

朝7時半にカオサンからタイ西部・ミャンマーの国境に近いカンチャナブリーに向けて出発です。

学生の時に実は行ったことがあるんですが、約14年ぶりどう変わっているんでしょうか。

行きの車ではほとんど寝まくっていたんですが、まず最初の観光スポットとして着いたのが連合軍共同墓地。

第2次世界大戦中、連合軍捕虜を日本軍が使って鉄道を建設しましたが、その際の犠牲者を祀っています。

続いて向かったのがJEATH戦争博物館、Jは日本、Eは英国、Aはアメリカ、Tはタイ、Hはオランダの頭文字です。

前来た時からだいぶ改装されていました。

第2次世界大戦のキーパーソンの人形が並んでいます。

おっー日本ではまずなさそうなお人形が・・・

カテゴリー: バンコク 観光 グルメ | タグ: | コメントをどうぞ

ドーム・アット・ルブア シロッコ~スカイバー後編

ドームにはタイ人のお客さんはほとんど見当たりません。欧米人とほかの国からのアジア人ばっか。ようはおのぼりさんばかりなんです。

ライトアップがいい感じに!

レストランは1人あたりでも日本円の万札は飛ぶみたいですね。

空前の円高で1バーツ=2.6バーツまで来ています、皆様もいかがでしょうか!
さあ次はバンコクの郊外に行ってみます。

カテゴリー: バンコク 観光 グルメ | タグ: , | 2件のコメント