カテゴリー別アーカイブ: 仕事

高島屋 ピカソ展覧会で気分転換!

スポンサードリンク

普段と違うことをするのに限るというわけで行ったのが、日本橋・高島屋で行われているピカソ展。日本でピカソの作品を観るのって初めてかも。

ドイツ ケルンのルートヴィヒ美術館から膨大な作品に出会えびっくりでした。

それにしても仕事を忘れて気分転換できましたね~

で「こういう気晴らしが仕事で大事な」と思うようになったきっかけを書くと、前にイタリア ベネチアに旅行で行っていたのですが

観光客向けのちゃちい演奏会を聴いていたのですが、

聴きながら仕事で行き詰っていることをふと考えていた際に打開策が浮かんだんですよね~

この体験はすごく今でも脳裏に強く残っているし、気分転換の重要さを学びましたね。
まあ気分転換ばっかりやっていてもだめですがw

 

カテゴリー: メンタルヘルス, 世界の美術館・博物館, 東京 | タグ: | コメントをどうぞ

メンタルヘルス その4 他人と比較しない

著者の名前を忘れましたが、「アメリカ人の幸福感はお金と比例するか?」という調査についてまとめてあったものをみました。

その結果は「必ずしもそうではない」という回答だったんですが、その理由に自分の周りの人をねたむ・意識するというのがありました。

具体的に言うとアメリカにも高級住宅街なるものがあります。でそこに競うように高額所得者は済むわけですが、当然自分の周りには自分と同等それ以上の金持ちも多く、世間一般がねたむ10万ドルの年収もそのエリアでは当たり前であり全然満足感・優越感を与えないわけです。

ある程度他人と比較して奮起することはいいことだと思います。しかし当然その競争をしてく中では上に上がいるので、際限がないわけです。 そんなことを知ってから「自分は他人がどうだからうらやましい」という気持ちとかはあんま持たないように心掛けるようになりました。

というわけで「他人との比較」というより「自分の中でセットした目標」を意識するようにしています。「世界で一つだけの花」という歌は半分偽善ですが、半分正しいことを歌っていると思います。

カテゴリー: メンタルヘルス | タグ: | 2件のコメント

メンタルヘルス その3 いらいらした時は笑えるものを

世界にイッテQという番組があります。日曜日の夜8時からやっているんですが裏番組の大河ドラマを圧倒しています。 最近なんでこういう状況になっているか考えたんですが、日曜の夜という労働者にとってブルーな時間はイモトや森三中をみて笑っている方がいいんだなという結論に達しました。

大河ドラマは実はBSでは6時からやっているんですが、ある意味賢い戦略だなと思います。

自分は社会人になってあんまテレビを見る習慣がなく、民放の連ドラでまともに見切ったのは半沢直樹くらいではないかと思います。 そんな自分も上記「世界にイッテQ」は気分転換に見るようになりました。

というわけでお前に言われなくても分かっているという結論ではありますが、こういう笑える時間を取りましょう。

ただしバラエティのクオリティは最近は悲惨なので、すべての観るのは時間の無駄です。厳選しましょうw

カテゴリー: メンタルヘルス | タグ: | コメントをどうぞ

メンタルヘルス その2 会社がすべてじゃない

社会人になって病んでいる人の原因はいろいろあると思いますが、会社関係でつらい人は多いと思います。そんな自分も結構ばてるときがあるんですが、こういう時に気持ちに逃げ場を作ってないと危ないと思います。

そのうえで会社が自分の唯一の世界だと思わないようにするべきですし、なまじっか愛社精神なるものを持たない方がいいと思います。

ご存知のように終身雇用という素晴らしいシステムが日本の雇用慣習として永遠に続くと信じて日本人はサービス残業や休日出勤、転勤・左遷を受け入れてきました。

しかしそれに対してソニーやパナソニックなどが昨年散々リストラをしました。(自分の会社もですが。。。)

要はしょせん会社は身内ではなく他人なんだという割り切りでさっさと転職できるだけのスキルを身に着けるほうに走った方がいいと思います。

というわけで一つ目の自分の結論は「思いつめない、いやなら逃げよう」になりました。

カテゴリー: メンタルヘルス | タグ: | コメントをどうぞ