カテゴリー別アーカイブ: 世界の美術館・博物館

大英博物館 後編 北アフリカ・中東のローマ帝国時代編

スポンサードリンク

続いては北アフリカ、中東とこれもいったことがエリアなのでフォーカスしてみることに

まずここでみれるのはチュニジアのモザイク画

本家チュニジアにあるコレクションに匹敵する作品が集められています。

 

そしてパルテノンほどではないですが、ローマ時代の遺跡彫刻も。

そんな中ですごく大英博物館の意義みたいなものを感じたのがこちらの展示物

先日イスラム国に一部破壊され彫刻が強奪されたパルミラ遺跡の彫刻の一部、こういったものがしっかり大英博物館に残っていたのは良かったかなと考えたりしました。

最後のおまけでロゼッタストーン、相変わらずすごい人だったw


カテゴリー: ロンドン 観光 グルメ, 世界の美術館・博物館 | タグ: | 2件のコメント

大英博物館 前編 ギリシャ・アテネ編

最終日やってきましたのは大英博物館です。

世界中の貴重な遺跡や彫刻品をコレクションしまくっただけあってすごいことになっているんですが、今回は自分がこれまで場所とゆかりがあるコレクションにフォーカスしてみてきました。

まずやってきたのは、こちらのパルテンノン神殿にかかわる展示です。

パルテノンギャラリー

パルテノン神殿にあった彫刻群が展示されているのがです。

確かにアテネでみたような

遺跡群のお仲間がたくさんありますw

ところでこれらの遺跡はトマス・ブルースという外交官が1世紀前にギリシャからロンドンに持ち帰ったコレクション群なんです。

というわけでギリシャ政府はこれらを返還しろという要求を何十年にわたってイギリス政府につきつけているようですが、進捗はないようですが・・・・

カテゴリー: ロンドン 観光 グルメ, 世界の美術館・博物館 | タグ: | コメントをどうぞ

英国の至宝 ナショナル・ギャラリー 後編

引き続き回っていきます。

 

こういう絵をみますとベネチアの景観保存のすごさに驚かされますね。。。

ところでちょっとお腹がすいたのでナショナルギャラリーで食べようかと思いますが、奥のレストランはちょっとビビったので

手前のカフェで済ますことにします。

これでも1000円以上のお食事になったんですけどね(泣)

約2時間半いたでしょうか、ナショナル・ギャラリー前のトラファルガー広場も絵になりますね!

カテゴリー: ロンドン 観光 グルメ, 世界の美術館・博物館 | タグ: | 2件のコメント

英国の至宝 ナショナル・ギャラリー 前編

すいません週明けから5営業日勤務で疲れ果てていました。。。。。 というわけでヨーロッパ美術館ロードショーもいよいよ最終章ということで

大英帝国の誇るナショナル・ギャラリーにやってきました。

こちらでも印象派の有名どころ中心にみていきましょう。

まずはルノワール

ゴーギャンももろん!

そしてアムステルダム、パリでは出会えなかったゴッホのひまわりにも出会えました。

モネももちろんあります。

ブリュッセルでみかけたルーベンスの傑作 麦わら帽子(シュザンヌ・フールマンの肖像)

続きます。

カテゴリー: ロンドン 観光 グルメ, 世界の美術館・博物館 | タグ: | コメントをどうぞ

3 / 812345678