カテゴリー別アーカイブ: 世界の美術館・博物館

ニューヨーク近代美術館 MOMA 前編 定番作品群

スポンサードリンク

3回目のMOMA

ゴーギャン

昨年のヨーロッパ周遊時のテーマの一つであったゴッホさんとここでも遭遇

こちらはそのゴッホさんの星月夜、耳を切り落としたり精神を病み始めた時期の作品

セザンヌの「水浴する人」

アビニョンの娘たち、これは私のブログで過去に紹介していますよね!

バルセロナのミロ

モネの水蓮

といった感じで有名どころは見事にカバーされております。続く。。。。

 

カテゴリー: ニューヨーク 観光 グルメ, 世界の美術館・博物館 | タグ: | コメントをどうぞ

ボストン美術館 後編

ボストン美術館レポートの後編

そしてボストン美術館は、日本人にとって特別な美術館です、それは日本美術のコレクションがすごいことになっているからです。

その充実度は引用になりますが以下の通りのようです。

******

アメリカのボストン美術館は、”東洋美術の殿堂”と称されます。100年以上にわたる日本美術の収集は、アーネスト・フェノロサや岡倉天心に始まり、今や10万点を超えます。海外にある日本美術コレクションとしては、世界随一の規模と質の高さを誇ります。

******

北斎

仏像さんもこれだけ並ぶと、いったいどこの国の写真かわからなくなります。

 

 

本当時間配分を失敗しました、もっとゆっくり回りたかった。

ニューヨークに戻る時間が近づいています。

 

カテゴリー: ボストン 観光 グルメ, 世界の美術館・博物館 | タグ: | コメントをどうぞ

ボストン美術館 前編

ホロコーストメモリアルから駆け足でボストン美術館に大失敗だったのが、ニューヨークに戻る時間を考えると2時間半程度しかこちらの美術館でとれないこと。

重厚で迫力ありますね。

欧米の美術館らしくカフェや本屋などの機能が非常に充実しています。

まず有名どころからということでピカソさん

 

そしてこちらがゴーギャンの遺作と言われる
「われわれはどこから来たのか われわれは何者か われわれはどこへ行くのか」
これまで観てきたゴーギャンの作品とスケールが全然違う壮大なものになっています。(サイズも含めて)

こちらはモネの作品、日本をイメージしているようですが。。。。

ゴッホのルーラン夫人

ブージヴァルのダンス
今、東京でも展覧会が行われているルノアールですね。

続きます。

 

カテゴリー: ボストン 観光 グルメ, 世界の美術館・博物館 | タグ: | コメントをどうぞ

高島屋 ピカソ展覧会で気分転換!

普段と違うことをするのに限るというわけで行ったのが、日本橋・高島屋で行われているピカソ展。日本でピカソの作品を観るのって初めてかも。

ドイツ ケルンのルートヴィヒ美術館から膨大な作品に出会えびっくりでした。

それにしても仕事を忘れて気分転換できましたね~

で「こういう気晴らしが仕事で大事な」と思うようになったきっかけを書くと、前にイタリア ベネチアに旅行で行っていたのですが

観光客向けのちゃちい演奏会を聴いていたのですが、

聴きながら仕事で行き詰っていることをふと考えていた際に打開策が浮かんだんですよね~

この体験はすごく今でも脳裏に強く残っているし、気分転換の重要さを学びましたね。
まあ気分転換ばっかりやっていてもだめですがw

 

カテゴリー: メンタルヘルス, 世界の美術館・博物館, 東京 | タグ: | コメントをどうぞ

2 / 812345678