作成者別アーカイブ: Junya

新富裕層のライフスタイル

スポンサードリンク

そういえば銀座にGUCCIのえらいでかいビルが出来ましたね。
開店した日には富永愛とかがきたとか書いてありましたが

牛丼を食べていたら、カウンター越しで同じく牛丼を食べている男女がちょうど会計をすませていました。

二人あわせて840円(一人当たりの単価は400円くらいでしょうか)

ちょうど私はみそしる付の大盛りを奮発していたので、500円を超えていました。
なんだオレのほうが金つかっているなと思ったその時

その男性が方にばかでかいGUCCIのお買い物袋を持ち上げてきたのです。

中になにが入っているか知りませんが、おそらく●●万円は確定でしょう。

これが勝ち組のやることなのか~牛丼を食べながら思いにふけっていました。


カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

成長と書いたのでもう少し・・・・・

最近親不知がらみで歯医者に行くことが増えて、何回か【歯磨き】について指導を受けました。
そしてその中でいかに自分の歯の磨き方にムラがあり、その結果虫歯につながっていたかを思い知らされました。

そのため最近家でもくもく15分ほど歯を磨くようになりました。
その間何もしないのは苦痛なので、youtubeのミュージックビデオをかけたりしていますが。

磨き終わった後の歯のつるつる感にはまりつつある今日この頃ですが、次こそは歯科に行った際に
「だいぶ歯磨きも上達しましたね」とほめられたい今日この頃です。

コメントをどうぞ

30代の成長

たまたま30歳を迎えた翌日に購読していたメールマガジンに以下のようなことが書いてあった。
なんかえらくタイミングよすぎたのでオレに対して書いてくれたのかと思ったんですが、ここに載せてみたいと思います。

**********************************************

成長は変化である。
この考え方は20代でも30代でも同じである。
だが、20代と30代とでは、変化の仕方に決定的な違いがある。
その違いに気がつかないために30代の成長の階段を見失っている人は実に多い。

たとえば20代の成長は非常に分かりやすい。
できないものができるようになること。
同じ仕事がより速くこなせるようになること。
仕事の精度が上がり失敗が減ること。
などなど、周りから見ても変化が見えやすい。

考えてみれば20代で成長しない人などいないのではないか。
30歳のときよりも20歳のときのほうが仕事はできたなどという人は聞いたことがない。
努力の量に比例して確実に成長する。
それが20代の特徴といえるのではないか。

ところが30代はそんなに簡単ではない。
30歳の自分と40歳の自分。比べてみても仕事のスキルに劇的な差がない。
そんな人が実は世の社会人の大半なのである。
それどころか、若さという魅力と体力がなくなった分だけ
パフォーマンスが下がってしまう人も多い。

では、30代の成長とはどのようなものなのか。
まず、30代の成長は時間がかかる。
20代であれば1~2年、もしくは3~4年でひとつの階段を上ることができるが、
30代では10年かかる。
さらに、その10年の間は成長を実感することができない。
それが30代の特徴であり、成長が難しい最大の理由でもある。

では30代の成長のテーマは何か。
30代のテーマはスキルを高めることではない。軸を作ることである。
30歳を過ぎると、仕事の中身が劇的に変化するからだ。

30歳というと、ちょうど課長やマネージャーになる年齢。
個人のスキルでこなせていた仕事から、
個人のスキルだけではこなせない仕事へと移行していく時期だ。
メンバーの育成やプロジェクトの管理など
今までとはまったく質の違う仕事をしなくてはならない。
そして、そのときに必要不可欠なのが”判断の軸”なのである。

部下の育成に判断の軸は欠かせない。
どのようなときに褒めるべきなのか。
失敗したときにはどの程度叱るべきなのか。
失敗は未然に防ぐべきか。そうでないのか。
管理職という立場において判断の軸は不可欠なのだ。

では、判断の軸を作ることがなぜそんなにも難しいのか。
それは明確な答えが存在しないからである。
正解のないものに答えを出し続ける。
合っていたかどうかは分からない。
だが、失敗すれば責任はすべて自分が背負わなければならない。
だから最終決定をみんなやりたがらないのである。
だが、これをやり続けて責任を負い続けることでしか軸は磨かれない。
さらに、判断の軸がどれほど磨かれたのかは10年経ってみないと実感できないのである。

20代の変化は髪を切るのに似ている。
切った瞬間に前とは違うことを実感できるからだ。
ところが30代の変化は髪を伸ばし続けるようなもので、
毎日見ていてもほとんど変化は見られない。
だが、3年前の自分の写真と比べて見たらどうだろう。
その変化は一目瞭然だ。
40歳になったとき、変化を実感できるかどうか。
それが重要なのだ。

コメントをどうぞ

あーとうとう30歳

『歳月人を待たず』ですね。

悔いのない人生になるように少しでも頑張って生きたいと思います。

2件のコメント