作成者別アーカイブ: Junya

台北桃園国際空港 T1 プラザプレミアムラウンジ

スポンサードリンク

プライオリティパスホルダーにうれしいラウンジがまた台北にできました。

みよ、このファシリティ!

 

ぶっちゃけ、日本だけでなく韓国キャリアのラウンジのレベルより高いと思います。

 

 

こちらオーダーして作っていただきましたペペロンチーノ、うまかった。

キャセイも含めて台北もラウンジ天国になってきました!

 

カテゴリー: 台北 観光 グルメ 情報, 空港 ラウンジ紹介 | タグ: | 2件のコメント

キャセイパシフィック航空 香港-台北 ビジネスクラス搭乗記

ファーストクラスのひとときを終えて、しばらくの時間をおいて次は台北に向かいます。

 

泡を飲む気力もなかったようですw

 

台北線なんで手際よくサービスがサーブされます。

ワンプレートが用意されると

ワゴンでメインが運ばれます。

東京までもう1レグでございます!

 

カテゴリー: キャセイ航空搭乗記・機内食・ラウンジ利用記 | タグ: , | 2件のコメント

SMAP解散を2chを通じて考えてみる

いや驚きましたね!、けど会いたくない人間と仕事をするにはもはや限界だったということで自分は彼らの決定を尊重したいと思います。

ところで自分は今回の件をサラリーマンということもあり会社のごたごたに近いものを感じました。2chを観ていたら面白い書き込みがあったのでいくつか。

1.同族企業という視点から

***************

飯島って人が原因ではなかったのじゃないかな。メリーがここまで基地外だと無理だよ
ほかの家族経営企業の人も自覚しないと経営者が狂うとこうなるんだよ

***************

同族企業ではよくある話だ。株式支配している人間が言うことは絶対だからな。

***************

創業者が一代で築き上げた会社を能無しの親族が古参役員追い出してめちゃくちゃにする見本のようだわ

***************

功労者に嫉妬した無能な親族役員が難癖つけて功労者を公開処刑して退職に追い込み
功労者に世話になった優秀な社員たちが残留か独立かで揉めて結局は出世ルートから離脱ってとこ?

***************

2.社員同士のごたごたという視点から

***************

そもそもキムタコ課長も会社辞めたメンバーで新会社興そうと歩調合わせたのに突然「会社辞めるの辞める~」って裏切ってなおかつハシゴ外したからだよ

副社長がパワハラ野郎で、さんざん世話になって守ってくれた部長にブランドごと出ていけと言いだした会社側公認で部門独立化の交渉が始まったが要の課長5人のうち一人がパワハラ副社長にゴマすってその結果、部門独立化の話が流れ、恩人の部長だけが追い出された

のこりの課長のうち三人がもうあいつとは仕事できないと社長に直訴し、認められた

***************

3.木村氏に関して

***************

木村の行動はクレバーだがダサい、と言った名無しがいた
うまいこと言うなと思ったわ。結局、木村はひとり株を下げた、いやメリーと一緒に株を下げたか

***************

ジャニー喜多川社長、タヌキだね~。まるで家康みたいだ。

毛利家(SMAP)を裏切って、家康(ジャニー喜多川)に内通した吉川広家(木村)。
「毛利家を救ったのは俺だ」と得意顔の吉川広家に、毛利の諸将が快く思う訳がない。

吉川広家は毛利家を守ったが、木村はSMAPを潰した。吉川広家には、恨まれ、自分の恩賞を捨ててでも、毛利家を残すという忠義はあったが木村には、それほどの思い入れはなかった。

ただ、それだけのこと...

***************

 

カテゴリー: 未分類 | タグ: | コメントをどうぞ

プライベートバンカー カネ守りと新富裕層 清武英利

プライベートバンカーの熾烈な競争、なんとか資産の相続を非課税にすべく海外移住をする富裕層。なかなか面白く読ませていただきました。

本書の中で必死に節税に励む富裕層に幸せそうにみえる人はいなかったというのはなんか考えさせられますね。。。。

あとはシンガポールの在住日本人の世界、クラークキーの明治屋、オーチャードの赤ちょうちん居酒屋ビル。次にシンガポールに行く機会があれば行ってみよう。

カテゴリー: 未分類 | タグ: | 2件のコメント