オーストリア・ジャーマン1等車レールパスでICE乗車

スポンサードリンク

今回は移動が多いので地図も織り交ぜていきます、土壇場で予定変更もあったんですが最終的には1日目の移動は次のようになりました。

フランクフルト⇒ニュンルンベルク⇔ローゲンスブルク⇒ミュンヘン

さてパスを使うにはパスを鉄道会社にバリデーションしてもらう必要があります。
窓口でパスポートとパスを差し出せばすぐにしてくれるんですけどね。

なんとかフランクフルト中央駅に到着、早速列車に飛び乗ります。

ドイツの新幹線ICE、今回の旅行で計7回お世話になりました・・・

ミュンヘンまで3時間弱で走ります。

今回買ったパスは1等車用です、当然2等車より高くついたんですが1日当たりに直せば1000円弱の差額、利用しない手はありません!

1等車では食事を席までデリバリーしてくれます。そんなわけでカプチーノを注文。

車掌さんがチョコのサービス

wifiはドイツテレコムのサービスが使えます。(有料)
ホテルでもドイツテレコムのhotspotが入ったので10時間20ユーロのサービスを使っていました。最終的には7時間分くらいしか使えませんでした・・・


関連記事


カテゴリー: ドイツ 観光 グルメ, ヨーロッパ鉄道 特急 乗車記, 鉄道関連トピック   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

オーストリア・ジャーマン1等車レールパスでICE乗車 への2件のコメント

  1. akihiro より:

    この値段の差なら絶対に一等車でしょう!!

    座席もそうですが、一等車は車内の人口密度が圧倒的に少ないのが快適だと思います。

    それにしても海外で「乗り鉄」とはずいぶん贅沢な旅ですなぁ~

  2. junjun より:

    ICE RailJet(特急クラス)9回、急行クラス3回、鈍行クラス4回、寝台特急1回。さらに都市近郊路線6回。修行みたいな日々でした・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。