3月14日 千葉県某所の様子

スポンサードリンク

計画停電が発表されて近所のJRは速効KO、自家発電があるのである程度大丈夫と聞いていたのがまったく大ウソ。おかげで会社に出社できず家からやりとりをしていました。

というかJRがインフラサービスという意識を本当に持っているのか疑問をなってきた。よっぽど私鉄のほうがそこらへんの意識が高い気がする。

14時過ぎから運転再開も1時間に1本という超間引き運転、車内で圧死したくないのでもうお手上げです。

そんな駅に昼間に行ってみるとがらんとしています。

駅はシャッターをおろして完全に入れないようにしています。

駅前のコンビニエンスストア-はご覧の通り。被災地に優先的に回してるとのこと。

近所のスーパーもご覧の通り、主に水、電池、パン、納豆、米、ガスコンロここら辺がまったくなくなっています。

見事にマンションの壁も損壊が出ていました。


関連記事


カテゴリー: 千葉 観光 グルメ情報, 関東   タグ:   この投稿のパーマリンク

3月14日 千葉県某所の様子 への2件のコメント

  1. akihiro より:

    この停電問題、いまだに地域、路線によっては都心への交通の手段が全くないというのは問題ですね。

    JRは台風とか雪でもすぐに止まりますね。私の利用する京急は、たまにラッシュ時にJRの振替輸送を受けて半日以上たってもダイヤが乱れ、そのJRはすでに通常通り運行しているなんてこと、よくあります。

  2. junjun より:

    京急は東海道、横須賀、京浜東北のあおりをくらいますから川崎とか横浜でJRが止まると通勤客が流れ込んでいつもすごいことになりますよね。。。。。

junjun にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。