メンタルヘルス その4 他人と比較しない

スポンサードリンク

著者の名前を忘れましたが、「アメリカ人の幸福感はお金と比例するか?」という調査についてまとめてあったものをみました。

その結果は「必ずしもそうではない」という回答だったんですが、その理由に自分の周りの人をねたむ・意識するというのがありました。

具体的に言うとアメリカにも高級住宅街なるものがあります。でそこに競うように高額所得者は済むわけですが、当然自分の周りには自分と同等それ以上の金持ちも多く、世間一般がねたむ10万ドルの年収もそのエリアでは当たり前であり全然満足感・優越感を与えないわけです。

ある程度他人と比較して奮起することはいいことだと思います。しかし当然その競争をしてく中では上に上がいるので、際限がないわけです。 そんなことを知ってから「自分は他人がどうだからうらやましい」という気持ちとかはあんま持たないように心掛けるようになりました。

というわけで「他人との比較」というより「自分の中でセットした目標」を意識するようにしています。「世界で一つだけの花」という歌は半分偽善ですが、半分正しいことを歌っていると思います。


関連記事


カテゴリー: メンタルヘルス   タグ:   この投稿のパーマリンク

メンタルヘルス その4 他人と比較しない への2件のコメント

  1. メイプル より:

    メンタルヘルスの投稿、大変興味深く読んでいます。
    最近私も仕事でヘコむことが続きまして、(自分のブログにも書きましたが)その影響が体調に現れるという生まれて初めての経験をしたので、そこでやっとそういったことが他人事ではないと実感したところです。
    つい自分を他人と比較してしまうということについても思い当たる節がアリアリ^^;。他人の目(評価)を気にしてしまうというのもあります。
    私もその辺について、いつか書いてみたいと思います~。

  2. Junya より:

    なんでこういったことを考えるようになったかというと、あとで書くことになると思いますが、旅行をする中でいろいろな価値観と触れることができたことがあります。凝り固まった価値観にしがみつくより自分は居心地がいいですね。もちろん自分の常識が通用しないことでいらいらすることもありますが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください