メンタルヘルス その1 現代社会サバイバルの必須項目

スポンサードリンク

学生時代にサンフランシスコに行ったときに街を歩いていたら、メンタルヘルスのカンセンリングを無料でやっているボランティアをみかけました。

アメリカといえば自由主義でチャンスにあふれた街だと思いながら、一方では競争社会のはざまで苦しんでいる人がいることを気づかされました。

それから15年、失われた20年、さらには競争社会というキーワードが躍る中で日本でもうつ病という言葉が当たり前のように歩くようになりました。

今日もなんかの記事で就活生の21%が「死にたい」と考えているとありました。 それくらい日本もストレスがはこびる世の中になったのだと思います。

そんな世の中を目の当たりにして最近思うようになったのは、仕事を例にとっても「資格」さらには「語学」といったスキルに加えて「メンタルヘルス」は本当に重要だと最近思うようになってきました。

前から書こうと思ってたテーマですが、正直精神面で決して強いとは言えない自分が日常と対峙しているかを自分の頭の整理を兼ねて何回かに分けて書いてみようと思います。旅行記も飽きてきたでしょうしw


関連記事


カテゴリー: メンタルヘルス   タグ:   この投稿のパーマリンク

メンタルヘルス その1 現代社会サバイバルの必須項目 への2件のコメント

  1. kazukun より:

    は~い、メンタル激弱な私が通ります!(笑)
    ホント、日本もメンタルで倒れる方多くなりましたね
    増えたのか、ただ単にようやくこういう病気を
    認識してくれるようになっただけなのか。

    いずれにしても、どう乗り越えてるか気になります!

  2. Junya より:

    昔、「病は気から」という映画がありましたが、自分も日常を過ごす中で気の持ちようの重要性をすごく感じることが多くなりました。世間では資格とか能力に目が向きがちですが、根本的な部分で大事だと思うところを徒然書いてみようと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください