香港歴史博物館で見る日本統治時代

スポンサードリンク

ホテル アイコンに滞在中に足を運んだのがこちらの香港歴史博物館。 原始時代から近代までの香港の歴史を一気に見ることができるお勧めの観光スポットです。

順番を追ってみることができる展示ですが、日本統治時代だけ脇にあり通り過ぎることができます。ですが、日本人として見るべきだと思い入りました。

1941年から1945年の3年8か月にわたり日本が香港を統治

九龍にあるペニンシュラホテルを総督府にしたようです。

で得意の日本化を実施、ネイザンロードを香港通りと改めたりしたようです。

でこちらの看板、よく見ると最近は違う国が得意としているスタイルに思えて仕方がないです。

日本が敗戦を認めると同時に、香港でもイギリスに降伏しました。

最近まで知らなかったんですが、実はこのタイミングで世論は中国に香港は戻るべきだという主張が強かったようです。しかし東西バランスの絡みもあり再びイギリスの支配を受けます。そして1997年にようやく返還されるわけです。


関連記事


カテゴリー: 香港 観光・街歩きスポット   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください