香港→北京 京九鉄道の旅 その4

スポンサードリンク

客車の壁に貼ってあった時刻表です。T98特快が今回乗車した列車。
以前書きましたがこの列車は九龍⇔北京と広州東⇔北京の2つの列車が連結されています。広州東の車両は国内区間だけを走るので途中でホームに降りたりすることが可能、一方で北京発は国際列車なんで密室状態に陥ることになります。

さて布団も柔らかくて結構ぐっすり寝れましたが、気がつけば翌日です。全然自分がどこを走っているのかはわかりませんが、黄河はすでに渡ったようです。

一応モニターが各ベットについていたりします。チャンネルは2つ、数時間で一周していました、暇つぶしにはなりましたがw

お昼の時間になりました、香港のセブンイレブンで買い込んでおいた出前一丁を食べます。どうして列車や飛行機で食べるカップラーメンはこんなにおいしいんだろう・・・

香港を出て丸1日。見えてくる街並みもにぎやかになってきました。

24時間走りぬけた列車は、1分のずれもなく北京西駅へ定刻通り到着。あまりの時間の正確さにびっくり。駅から出る前に中国への入国審査を済ませます。

どでかい北京西駅を見て、北京に到着したことを実感。
さあここからの北京編はしょぼい旅行になりますよ(苦笑)


関連記事


カテゴリー: アジア鉄道 乗車記, 中国 観光 グルメ, 香港 マカオ 観光 グルメ   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください