長距離バス移動 チュニジア トズール-ケロアン

スポンサードリンク

トズールからチュニス行きのバスでケロアンを目指す旅。

ちょっと待ちを外れるとすぐに荒野が広がります。

かなりスピードをあげるバスから撮ったのできつかったですが・・・

なかなか日本では見られない光景を見て興奮していました。ところどころで道のわきで手を挙げている人がいるんですよね、ヒッチハイクが結構当たり前のようにあるみたいです。

ときどき街に入ると、人の乗り降りがあります。

ほぼ満席状態

ガフサと呼ばれるチュニジア中部の大きい街を経由、今外務省は中部については「渡航自粛区域」に指定しています。

その理由としては革命のきっかけになった労働者の焼身自殺がこの近くの街であったように、労働者の現状に対する不満が鬱積していることで革命以降も不安定な状況になっているということです。

ただバスから見る限りは別に普通に見えたんだけど、観光客では判断ができないですね。。。。

再び荒野をひたすら走行。

 

途中で立ち寄った売店で買ったパンケーキ。これがうまかった、いくつか買ってお土産に。

約5時間近くかけてケロアンに到着、ところがバスターミナルに荷物置き場が見当たらない・・・・・なんとバックを引いて観光する羽目に。(泣)


関連記事


カテゴリー: チュニジア   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください