転がる香港に苔は生えない・・・・

スポンサードリンク

10年以上前に買った本ですが、部屋を整理していたら出てきました。

この本は広東語のできる著者が香港の下町に住みながら97年の中国返還あたりの人間模様を描いたものでいわゆる私のような表層的な観光をやっているものがなかなか知りえない地元の人々の心境を描いたものです。

気になってこの本のamazonでの書評をみたら、もう出版されて何年も経つのにいまだに新しいコメントがされているのをみてびっくりしました。

まさにこの本にも苔は生えてなかったのです。確かにこれだけローカルの人に食い込んだ日本語の書籍ってないですからね・・。。。。

最近は香港島側のビジネスエリアや尖沙咀のツーリストエリアみたいなところしか行ってないけど、久しぶりにもっと滞在して下町エリアを歩こうかなと思いました。


関連記事


カテゴリー: 未分類   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください