稼ぐが勝ち

スポンサードリンク

よく旅先ではその地元の本屋をぶらついてどんなことが流行っているのか雰囲気だけでも味わおうと思っています。

そうしたなかで見つけたのが、日本語本の現地版。

まあ大前さんの本はかなり出回っているから分かるけど、ビックリしたのはその隣。

俺が前に衝動買いして、オークションでも処分できなかったホリエモンの本がまだ売られていた・・・・・・

けど彼の発想は結構中国系の人には通じるのかも・・・・


関連記事


カテゴリー: 台北 観光 グルメ 情報   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください