直近の中国の暴動についてのコメント

スポンサードリンク

前にも書きましたが今の中国の主要都市では邦人の排斥運動が続いており、それに対して中国政府が日本政府の対応が悪いといって収めることをしない限りは、日本政府は在留邦人に対して危険のアラートを出して観光客や駐在の家族を中国の外に出すように勧告すべきだと思っています。

同時にそれは中国政府に対して中国政府が秩序維持ができてないということを全世界に突きつけるいいチャンスでもあると思っています。

正直、次は小旅行で上海でも行ってもいいかと思っていました。とうのも会社の上海オフィスの同僚に何かあるたびに「遊びに来いよ」と誘ってもらっていたからです。

ただこういう状況になると、さすがに行きづらいし、逆に同僚に迷惑をかけてしまう気もします。

ところで今回の危機を通じて、日本人は良くも悪くもタフになる必要があると痛感しました。同時にどれだけ冷静になるかというのも大事だと思います。

最後に話は変わりますが、アメリカってそういう意味ではタフですよね。あっちこっちで敵がいるわけですからw


関連記事


カテゴリー: 未分類   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください