お上り気分で皇居の夜桜を満喫

スポンサードリンク

気分は異国からjapanese beautyを見るためにやってきた外国人観光客

こちらは平川門の近くで撮影した桜と皇居。こうやって見ていると度派手なビルで見せる香港やドバイ、シンガポール

石畳の歴史あるヨーロッパの街並みと日本は魅せるポイントが違うなと改めて実感しましたね。

よく桜は日本人の心といいますが、自分にとって桜とは「長い冬の終わりであり春の風物詩」、「一つ年をとったことを実感する瞬間」また「新しい生活のスタート」といったところでしょうか。こちらは新築のパレスサイドホテルをバックに夜桜を撮影。

そしてまた来年どこでどういう状態で桜と再会するかわかりませんが、また1年を頑張って生きようとさせてくれるものでもあります。


関連記事


カテゴリー: 東京   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください