消費税引き上げ前の駆け込み消費は得か損か?(私感)

スポンサードリンク

いよいよ消費税の引き上げ法案が衆院で可決されました、参院も通過すれば2014年4月に8%、2015年10月に10%となります。

で消費税が上がるたびにそれを見越して駆け込み需要が毎回起きるようです。特に住宅や自動車などの耐久消費財がそうです。

では駆け込み需要が本当に得かというところなんですが、あくまでも個人的な考えですがそんなにあせってもしょうがないかと思います。

なぜなら需給バランスの変動幅やインフレ変動率の方が遥かに消費税率より大きいものだと思っているからです。

当然ですが駆け込み需要が高まるだろうこれから先は当然ですが、提供側は価格に対して強気になるはずです。またデフレが続くき売り上げ不振が続けが価格は当然下がっていかざる負えなくなります。

そう考えると駆け込み重要がどれだけお得かと考えると、そんなんでもないむしろ消費税があがることにあせって冷静な判断ができないまましょうもない買い物をしてしまう気がするんですよね。


関連記事


カテゴリー: 未分類   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください