海外でお犬に噛まれたら要注意

スポンサードリンク

ネットを観ていたら狂犬病に関する記事につい目がいってしまった。

****
日本外務省、狂犬病注意喚起:アジアで多発
3月15日4時0分配信 インド新聞

日本外務省は12日、「狂犬病-もし、咬まれたらすぐに医療機関へ」というタイトルの渡航情報(広域)を出した。狂犬病は日本、英国、オーストラリア、ニュージーランドなどの一部の国を除いて全世界に分布しており、ほとんどの国で感染する可能性がある。毎年、世界中で5万人以上の人が狂犬病感染で死亡しており、特にアジアを中心とした地域で発生が多く確認されているが、北米、欧州の一部地域でも感染のおそれがある。
****

なんで狂犬病というキーワードに反応してしまうかと言うと、昔トルコで目がいっちゃったワンちゃんに襲撃を食らったことがありその際に現地の人に狂犬病になる可能性があるといわれて大慌てになったことがあったからです。

結局日本に帰ってから免疫注射を数週間にわたって定期的に打ち続ける羽目になりました。

その時に渡されたリーフレットがこちら。
発症したら致死率100%。結構怖いです。

日本では現在心配しなくていいようですが、それはまれなケースなようです。
海外でちょっと目つきがおかしかったり、よだれをたらしている危ない犬を見つけたら石でも投げつけてさっさと逃げましょう。(嘘)


関連記事


カテゴリー: 旅行 お役立ち情報/コラム   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください