正斗 Element店~高級スーパー Three Sixtyにならんだ日本の野菜・果物

スポンサードリンク

翌朝香港駅にやってきました。
夜のフライトですが、インタウンチェックインでさっさと荷物を預けることができるのがいいですよね。

その後は香港駅に隣接するモール、Elementsに

やってきたのは人気店 正斗

 

ルーティンメニューを満喫

その後たまたまぶらつく中で入ったスーパーで驚いたことがありました。

 

 

日本の果物、野菜が日本の市価に比べて全然高い値段でずらりと並んでいました。

デフレの国で売るより購買力のある街に売りつけたほうが効率的だということなんですね!農業のクロスボーダービジネスの進化を感じることができました。

 


関連記事


カテゴリー: 香港 マカオ 観光 グルメ   タグ:   この投稿のパーマリンク

正斗 Element店~高級スーパー Three Sixtyにならんだ日本の野菜・果物 への2件のコメント

  1. 匿名 より:

    輸送代が乗ってるんだから当たり前!
    高く売り付けてるだなんて事はないと思いますけれど。

  2. Junya より:

    「高くても買うだけのブランドが持てているのはいいことだ」ということが私の言いたかった趣旨です。とは言ってもそこだけではマーケットの限界があると認識されている農家の方もいるようです。

    http://d.hatena.ne.jp/toshiharu_kimura/20150121/1421813507

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。