欧米魂に火を付けたオリンパス事件

スポンサードリンク

イギリス人社長が「日本文化に馴染んでなかった」という理由で社長を解任されたものの、その裏には前経営陣の不明朗な企業買収がありました。ある意味これを暴露した社長はオリンパスがいうように「日本文化に馴染んでいませんでした。」

そしてさらにはスポンサーとしての位置づけが強かったからか、日本のマスコミはほとんどの最初の段階ではこの事件を報じず大手企業と国内マスコミのなれあいも露呈されました。

イギリス人社長のアピールもうまかったんでしょうが、その後のイギリスやアメリカのメディアの取り上げ方は半端なかったですね。結局最後はそれらに押されて当局、東証が動くという恥ずかしい結果になりました。
外圧がないと変わらないDNAが以前健在であることを世界に露呈してしまいましたね。


関連記事


カテゴリー: 未分類   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください