新規開拓電話(コールドコール)

スポンサードリンク

最近年金対策やらといって会社の直通電話にマンション販売の勧誘が1日1本ペースでかかってくる。どうも番号が見込みリストに載っているようなんです。

まあほとんどの電話は1分以内に無下に扱われて切られてしまうから、かけている方もう精神的にきついだろうと思う。1年で7割は退社するような状況かと察せられます。

そんな自分も最初に証券会社に入社した際に新規開拓電話をやっていました。一応1日200件を目安にしていた気がします。 ただ当時は男は飛び込み営業が全盛期だったこともあり、ベテランの方に嫌味を言われたこともありました。

そんな中でなぜ電話を選んだかというと理由は基本サボる人間なんで、周りの人間がいる支店でアプローチした方がサボらなくていいのと、飛び込むのが面倒くさかったからです。

まあそんな感じで電話をしていく中で他社と取引があったり、相手にしてくれた先をピックアップして今度は対面で飛び込みをしていたりしました。

さらに今だから言いますが、このホームページを作り始めた1つの目的はこのホームページで客が取れないかと画策していました。まあすぐにいろいろな状況から無理だとわかったのであきらめて旅行日記サイトに鞍替えしてしまったんですが。


関連記事


カテゴリー: 未分類   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください