恒例行事化してきたバンコクの騒乱

スポンサードリンク

アジア有数の国際空港が占拠されたり、伊勢丹の入るビルが放火されたりと数年に一度の割合で起きるデモがまた起きました。

それにしてもタクシン氏を巡る、都市部の人間と農村部の人間の憎しみは本当にすざましいものがあります。

そういえばタイ航空の労組は今回のデモを支持しているようです、確かこの前の社長は反タクシン側ということで政権が変わってしばらくして 更迭されたんですよね。

今回の反政府の人たちは選挙を通さず政権を奪い取ろうとしているようですが、仮にそれがうまく行ったとしてもまたタクシン側の反撃があるのは時間の問題です。

結局どちらかが政権を取った後に、あまりにもバランスを欠いた政権運営をすることがこれを生み出している気がします。

バンコクの人たちはこういった状況にある種慣れてしまったようですが、観光が経済の大きな柱になっているだけにもうちょい考えてほしいですね。


関連記事


カテゴリー: バンコク 観光 グルメ   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。