宇多田ヒカル fantome

スポンサードリンク

ここ最近まともに邦楽のアルバムなんて聞く機会なかったけど、自分の中では最強のアルバムのような気がする。

一時期海外進出とかで煮詰まっている感じがあったけど、やっぱ日本語で紡いだ歌詞のほうが全然いいですよね。

「花束を君に」は、亡き母親(藤圭子)に捧げる歌ですか・・・・いろいろな人が自分の身近な出来事にかぶせて聞いてしまいますね。

 


関連記事


カテゴリー: 音楽   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。