大震災の後で人生について語るということ

スポンサードリンク

橘玲の最新作が出ました、信者のように発売日の数日以内には買ってしまうんですが今回も購入。

大震災に象徴される不確実性の高い未来をどう自分で生き抜いていくかという点についてマネーの面から考えを述べています。

彼の考えには今回も非常に共感したし納得もしました。

ただ自分なりに彼の考えを判断してうのみにせずに消化していくこともそろそろしていく必要があるのではないかと思いました。

そういえば彼のコラムを日経で読んだのが関西なんでそろそろ10年近く経ちます、いい作家に出会えたなと思います。


関連記事


カテゴリー: 未分類   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください