大前研一と考える『営業学』

スポンサードリンク

最近部屋に物が増えるのが嫌で物を買うこと自体控えていたんですが、やはりセールスと呼ばれる仕事をしていることもありつい買ってしまった。

本の内容は単にモノを売る『販売』から、如何にお客さんの目線に立ってサービス提供を提案する『営業』になるかについて大前研一が学長を務めるビジネス・ブレークスルー大学の講師を務めるコンサルタントが説いています。

自分にとっては「質問力」の強化がより重要だなと思いました。
居酒屋の中ジョッキ2杯分+お通しくらいの値段ですが、コストパフォーマンスはそれよりは十分高かったです。


関連記事


カテゴリー: 仕事   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください