今話題の東京チカラめしに行ってみた感想

スポンサードリンク

焼牛めし並盛290円で牛丼業界に殴り込みをかけて参入してきた東京チカラめしが会社から数百メートルのところに出来ていたので足を運んできました。

ためしにサラダから、これは松屋のサラダとほぼ同じ。ボリュームはこちらに軍配か。

続いて焼牛めしと豚汁(追加料金+180円)

さすがの看板商品だけにお肉の焼き具合、程よい甘さのタレは文句なし。ごはんも進むしこれで290円は文句なし。

最後に残念だったのは、こちらの豚汁。なんと味噌汁に冷凍の具を入れて温めていると思われますが、出てきたものがすごくぬるく具に至っては冷たい・・・・

人生はじめて牛丼屋で「温めなおしてくれ」とリクエストしてしまいました。でその後出てきたものは多少温かくなっていましたが、アツアツではなく大減点でしたね。

ようは急拡張に対して人材育成が追いついてないということでしょう。

東京チカラめしの関係者の方でこちらの書き込みを見た方、ぜひ社員教育に生かしてくださいね。


関連記事


カテゴリー: 東京 レストラン グルメ   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください