メキシコシティ 国立人類学博物館 その3

スポンサードリンク

国立人類学博物館の最大の目玉、太陽の石(アステカ・カレンダー)

このマヤ暦のカレンダーが2012年12月21日で終わるので一部の熱狂的な信者たちが「2012年に世界が終わる」と大騒ぎしたんですが、今のところ何とか過ごせております。福島の原発の問題とかはありますが。

結構凝った土器が多いなというのが印象です。

最後はマヤ文明関連

王墓が再現されています。

ヒスイで造られた仮面

こんな感じでお墓に埋まっていました。本当はもっといくらでも見るべきものはあったんですが、力尽きてここらへんでgive upという感じでした。それでもアステカ絡みの展示物は非常に興味深くメキシコシティに行かれた際にはこちらの博物館はmust visitだと思います。


関連記事


カテゴリー: メキシコ   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。