プラウィサタ劇場でラーマーヤナ舞踊鑑賞 後編

スポンサードリンク

写真中心におとどけしましょう・・・・本来ならくそ長い話で5回に分けて上演する必要があるようですが、90分にまとめてやってくれるそうです。

ラフワナという主役のラーマ王子のシンタ姫をさらった悪人、何も語らなくても面構えが悪人面ですw

ずいぶん色っぽい王子ですねw 意外におっさんです。

真ん中の女性が姫です。

本当いつの時代も女を巡る争いなんですね。。。。。

王子の仲間の鳥が救出に向かうも倒されます。

その後いろいろあるも、最後は王子がラフワナを倒し姫を助け出しますが、、、、、

姫を取り戻してこれでハッピーエンドと思いきや、姫になんとこの王子、「火の中に飛び込め」と言い出します。その理由そして結末は? こちらについてはネタバレになるので皆様の目でお確かめください。w

さあ(旅行における)翌日は、早朝4時起きなんで早く寝ますw


関連記事


カテゴリー: インドネシア   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください