ドラマありすぎ日本ハム-楽天

スポンサードリンク

巨人対中日はあまり気にならなかったけど、日本ハム-楽天の試合が盛り上がったのは、裏側に多くのドラマがあったからでしょう。

たとえば野村監督の胴上げには日本ハムの選手が参加してましたが、

吉井コーチ、稲葉選手はヤクルト監督時代の教え子
坪井選手は阪神監督時代の教え子
武田久選手はシダックス時代の教え子

だてにこれだけ長く監督をやっているだけあるなと思いました。

もうひとつは最後のクライマックス岩隈投手のリリーフのシーンですが、岩隈投手と藤井捕手は旧大阪近鉄バッテリー。

でその相手の梨田監督は大阪近鉄の球団最後の監督だったわけです。
自分が所属した球団が母体になって作られた楽天球団とこういった形でぶつかりあったのはこれも何かの運命だったんでしょう。

このバッテリーについて梨田監督はしっかりインタビューで触れていましたね。

これってここまで計算した野村監督の粋な計らい?

まあそういう意味では中村ノリ氏がいれば舞台は最高だっただろうけど。


関連記事


カテゴリー: 未分類   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください