チュジニア スース旧市街 その2

スポンサードリンク

ケロアン同様スースの旧市街(メディナ)も迷路みたいでした。

 

 

ここでも青と白が映えています。

 

 

とりあえずこの迷路のような街並みで迷いながら向かったのは、

ダールエジド博物館、まあ博物館というよりは古いスースの家の中を公開したものになります。

928年に建てられ、1992年まで当時の持ち主が住んでいたということは1000年以上の歴史があるわけですよ。もちろん改築はくりかえされたんでしょうけど、驚きますね。

日本のような中国のような・・・

家の塔にも上がれまして、てっぺんにはチュニジアの国旗がかっこよくはためていました。

すぐそばに地中海があり、港町であることを再確認させられます。

 

こんなところで次回はチュニジア スースで出会ってしまった禁断のスイーツのお店をご紹介しましょう。


関連記事


カテゴリー: チュニジア   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください