ダ・ヴィンチ 8月号 ジョジョの奇妙な冒険25周年特集

スポンサードリンク

最近でこそ漫画は全然読まなくなりましたが、大学生まで読んでいたジャンプでやはり「ジョジョの奇妙な冒険」は自分にとってかなりインパクトの大きい存在であり、たまたま本屋でダ・ヴィンチの特集号を見かけたときはすぐに購入を決めてしまいました。

ジョジョは全部でこれまで8部にシナリオがわかれており、それぞれに主役がいます。そうした中でジョジョの一番のすごいところはクライマックスの主人公と敵役の壮絶なバトルです。

これはドラゴンボールとは比較にならない迫力と想定外のシナリオで作られており、この期間のジャンプほど発売が待ちきれなくてしょうがなかったことはなかったと思います。

なお特におすすめなのは4部と6部でしょうか、これは3部の主人公である空条承太郎も参戦しているからかもしれない。(※一押しキャラクター)

ちなみにダ・ヴィンチの特集の中で有名人に好きなジョジョのセリフを選んでもらうコーナーがありました。 その中で第2部の主人公ジョセフ・ジョースターがよく放ったセリフ「たった一つだけ策がある、それは逃げるだよ」というやつで芸人が推薦していましたが、これはまさしく自分にとってそうで抱え込んだときにはすごくいい選択肢だと思っていますw

そして最後になりますが50歳をすぎた荒木先生、見た目若すぎます。


関連記事


カテゴリー: 未分類   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください