ソウル・オンドルで温かい明洞ビズ

スポンサードリンク

実は仁川空港のトイレで用を足し、手を洗おうとしたら肩にかけていたカメラがずるっと洗面台に行ってしまい流れていた水に直撃。。。。

数時間カメラがおかしくなってしまい、それが気になって空港から移動時まではほとんどカメラを拭いたり、入ってしまった水滴を出すのに必死でした。

今回泊まったのは明洞ビズというホテルで1泊シングルで5500円程度、ソウルは宿泊費が高い・・・・日本人客が多くスタッフも日本語が達者な人が多かった。
部屋は韓国式床下暖房といえるオンドルで温かいが、暑すぎる場合は空調をつけて調整してくれと言われた。そんな必要はありませんでしたが。

ソウルの中心部の明洞まで10分程度で行けますが、宿の周りはごらんのような印刷工場などが並んでいて

下町という感じでよかったですよ!

動かなくなったカメラにショックを受けつつも(翌日回復)、サブカメラをぶら下げて久しぶりのソウルをまわってみます。相変わらず地下鉄はニンニクのにおいがすごいっす。


関連記事


カテゴリー: ソウル 観光 グルメ   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください