スクート TZ202 台北-成田 エコノミークラス 搭乗記

スポンサードリンク

TZ202成田行きのカウンターオープンは3時50分。地獄ですねw

エバー航空がハンドリングしていました。

ちなみに台湾桃園国際空港でこの日出国した1番目の人間になりましたw イミグレーションオープンは5時過ぎ。

 

自分がゲートに着いた頃、スクートもシンガポールからほぼ定刻で到着したようです。

搭乗開始です、6時20分ごろ、眠さ限界。

帰りはスカスカでしたが、なぜか後方に集められました。

本当帰りは記憶がありません、気が付けば成田。

ほぼ定刻で成田に到着、スクートは怒涛の機内整備を終えて再び台北経由でシンガポールを目指します。

今回の台北のチケットは15000円、実はその後10000円で往復できるチャンスもあったんですが、いずれにせよ本当にお得な旅行ができてよかったです。


関連記事


カテゴリー: フライト・ラウンジレポート   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください