スクート TZ201 成田-台北 フライトレポート 後編

スポンサードリンク

本当は青色の安席が満席で黄色のゆったりシートにはみ出されてちょっと得しました

非常口は人生はじめての経験

久しぶりのスクートの機内誌見ましたが、だいぶ中国やオーストラリアなどに路線を拡大しています。いつの間にか台北経由でソウル線もスタートしてました

こちらが機内食メニュー表、支払はシンガポールドルになります、一定の金額オーバーでカード決済も可能です。

ずいぶん無難なものにしてしまいましたw

人生初の非常口の感想ですが、一つ目はやはり足がのばせて最高。下手なビジネスをはるかに超越します。二つ目は落ち着かない。目の前がトイレなので頻繁に入れ替わる人を見ていると落ち着かないんですよね。。。。

ところで本フライトの副機長は日本人の方でしたが、すごくアナウンスが丁寧でした。おそらく日系航空会社の出身の方なんでしょうか。国を超えて日本人が活躍するのはいいことだと思います。そんなわけで快適な時間が過ごせました! thanks scoot !

すでに20時近いですが、気を取り直して旅行スタートです。


関連記事


カテゴリー: フライト・ラウンジレポート   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。