シンガポール航空 ジャカルタ-シンガポール ビジネスクラス搭乗記1

スポンサードリンク

さあ搭乗するべか。短距離路線といえども人生初のSQのCです。

やっぱりこういう時のドキドキ感は、LCCでは味わえません。w

見事にぶれましたねw

残念旧型シート(泣)、ちなみに超短距離路線なのに3クラス制でした。

でF席はインドネシアの大富豪?なのか家族連れが占拠。C席は逆にビジネスマンばかり。

ヘッドフォンはかっこよかった。

すごいショートフライトですが離陸前に泡しっかり出ましたよ。3杯くらい一気に行ってしまいましたw

何かと思って飲んだら野菜ジュースでしたw

※全然話が変わりますが、スハルノハッタ空港のイミグレーションでは出国カードの半券は回収されません。回収忘れかと思っていたら、なんと搭乗ゲート前で集めていたのです、なので捨てないようにお気をつけあれ。

続く・・・・


関連記事


カテゴリー: シンガポール航空搭乗記・機内食・ラウンジ利用記   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

シンガポール航空 ジャカルタ-シンガポール ビジネスクラス搭乗記1 への4件のコメント

  1. kazukun より:

    つい先ほどまでSQ乗ってました(もちろんエコですが(^^;))
    あのSQのビジネスクラス。羨ましいです。
    新プロダクトのビジネスクラスにも乗れたのでしょうか。
    楽しみにしています(^^)

  2. Junya より:

    気が付けば成田へのSQの2便ともA380になっていたんですよね。びっくりしました~
    残念ながら機材ははずれでしたが、さすがのサービスクオリティだなと思いました。

  3. kazukun より:

    冬スケだけの予定みたいですけどね。
    夏スケ以降も続くと良いですよね。
    てか、日系社も380導入しないですかねえ。

  4. Junya より:

    ANAもJALも純国産性のB787ですからね、大型A380はしばらく期待薄ですね・・・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。