シンガポールの吉野家で見たOJT

スポンサードリンク

先日のシンガポールGP観戦の時のお話。日本食に飢えていた私はたまたま目にした吉野家に飛び込みました。

海外の吉野家はご覧の通りファーストフードちっくなお店の構えだ

メニューもすごく柔軟性があるんですよね。これがなんで日本でできない? なおシンガポールの吉野家はハラルの免許が貼ってありましたがようは豚丼はないということです。

マレー系の兄ちゃん、見習いか非常にトロイ・・・・あげくにこの女性の注文を見事に間違えてこの女性マジぎれ。 最後は女性マネージャーが出てきてその場を収めていましたが。

結局ビーフとサーモンのコンボに。サーモンおいしかったよ! ただ緑茶が甘かったのが残念だった、でもここは東南アジアだからしょうがないか。 食べながらレジを見たら、さっきの女性マネージャーが見習いにアドバイスをしていた。

で俺が見ているのに気がつくとマネージャーさんがスマイルでかえしてくれた。 たぶんこの人は部下の失敗に対して怒るだけではなくアドバイスもしてあげているんだろう。

ちょっといい気分でお店を出ることができた。


関連記事


カテゴリー: シンガポール レストラン   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください