コソボ独立宣言

スポンサードリンク

ヨーロッパの状況に疎い僕は、コソボ独立宣言の背景など詳しいことが分からないため、今日はwikipediaなどをいろいろ見ていました。

その結果いろいろ分かってきました。

■コソボとセルビアの関係について
(1)独立宣言をした昨日以前からすでにコソボはセルビアから「独立」した状態だった。

(2)コソボは12世紀末には中世セルビア王国・セルビア正教会の中心(パレスチナと同じ構造や・・・)

(3)コソボはイスラム教、セルビアはセルビア正教(キリスト正教)

で、この独立宣言に対して世界の反応

■今回の独立宣言に対する反応
(1)米国やヨーロッパは認める方向

(2)チェチェンをはじめとするイスラム系民族との紛争にさらされているロシアは断固コソボ独立宣言に反対

(3)ヨーロッパの「大半」は賛成しているが、実はスペイン、ギリシャ、キプロス、スロバキア自国で少数民族問題を抱えており微妙な立場

こういうときほど、日本人が得意な「曖昧さ」をもっと世界の人たち(今回はコソボ)が活用してくれたらいいのにと思うのに・・・

まあ、そんなに都合よくいきませんが。


関連記事


カテゴリー: 未分類   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください