クライマーズ・ハイ

スポンサードリンク

本当何年ぶりなんだろう邦画を映画館で直接見たのは、というぐらい本当久しぶりだったんですが先日より公開されたクライマーズ・ハイを見にいってしまいました。
(さすがに花より男子 ファイナルは見る気がしなかった)

テーマはとある新聞社に関する話がメインではあるんですが、そこに横たわる「日本航空墜落事件」というのはやっぱ当時の小学生だった自分にもすざましく衝撃があったんですねよ。

そんなテーマにも吸い寄せられるように行ってきましたが、ネタばれにもなるので詳細は書きませんが見ごたえのある2時間20分だったかなと思います。

マスコミの報じる報道と自分達がどう接するべきかについても考えさせられました。


関連記事


カテゴリー: 未分類   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

クライマーズ・ハイ への3件のコメント

  1. AKIHIRO より:

    数年前、NHKでやった佐藤浩市版を見ました。
    マスコミはこの映画を取り上げても、話の内容にあるような「報道のあり方」については改善する傾向はなさそうです。大きな事件が起きるといっせいにそっちに目をむけ、また次の事件が起こるとそちらへ。大きな事件・事故ばかりに目を向けがちですが、もっと報じてもらいたいこともあるんですよね。

  2. サツキ より:

    私もこの事故に関しては興味があって、以前原作を読みました。
    (私の住む町はわりと御巣鷹山に近い所にあるので、当時、救助や報道のヘリが頭上をひっきりなしに飛んでいたのを覚えています)

    子供ながらに衝撃的な事故でしたよね。

    映画も観たいと思っていたんです。
    面白かったのかー。観に行こうっと!

  3. junjun より:

    akihiro-san

    北関東新聞は架空の設定だと注釈がついていますが、恐ろしくリアリティがあり起きていること事態は架空に思えないですよね。

    Satsuki-san

    映画を見るとサツキさんになじみのある土地が結構出てくるのではないかと思いました。是非ご覧ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください