キャセイパシフィック航空 台北-香港 ビジネスクラス搭乗記 前編

スポンサードリンク

今回は仕事などでたまった憂さを泡と飯で晴らすためにやってきました。

一回目のフライトは、ヘリボーン型のシート

全てのシートが通路側というコンセプトです。

とりあえず定番をいただきます。後で気づいたのですが、こちらのフライトですが福岡発香港行きでした、なんで日本人がえらい多かった。

なんか大渋滞でした。。。。

メニューをいただき、さあ出発です。


関連記事


カテゴリー: キャセイ航空搭乗記・機内食・ラウンジ利用記   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

キャセイパシフィック航空 台北-香港 ビジネスクラス搭乗記 前編 への2件のコメント

  1. Hakata4101 より:

    CX511便と言えば福岡発台北経由香港行きですね。この便地元福岡からなので今まで数回乗っていて、最近だと今年4月の片道特典航空券で福岡から台北までの利用でした。そのときの機種は343、エコノミークラスだったのでシエル型のシートでした。シエル型だと食事のときに後ろの客に迷惑がかからずに済むので本当に気楽です。この日は以前機内でお会いしたことがある地元出身の女性の方が乗務されていて、久しぶりにお会いできてとてもうれしかったです。
    現在台北桃園空港は滑走路の(第2期)拡張工事による片側閉鎖のため一本のみの使用となっていて、出発便が重なるとご覧のように大渋滞となりますね。そのせいか行きのCX便は出発到着とも遅れていました。おそらく来年の春節ごろまでには終わる予定なので大渋滞は解消されるかと思います。

  2. Junya より:

    hakata4101さん、ご無沙汰しています。
    桃園空港、滑走路拡張工事なんですね!
    渋滞の理由の解説ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。