キャセイパシフィックマルコポーロクラブ 大改悪されるらしい。

スポンサードリンク

こちらの記事を書いたのは、2015年6月27日。そして2015年9月30日にとうとう新しいマルコポーロクラブのステイタス獲得のルール変更が発表されました。

方向としては、各ティアのサービスのレベルを落とすというより、料金クラスとフライト距離(5段階)を乗じて算出するクラブポイントの累積で決まるようになりました。

一言でいうと、金払いのいい人にはポイントをたくさん着けて、逆に長距離を安い料金で乗るような方向ではポイントがたまらないシステムになりました。最近の米系の航空会社のマイル加算システムと同じですね~、いや世知辛い世の中になった(泣)

****************

先日マルコポーロのシルバーティアに上がったという記事を書いたのもつかの間。 ネットをたまたま見ていましたら、次のような記事が。。。。

*************

Cathay’s Marco Polo Club ‘to become revenue-based’

Cathay Pacific is poised to make big changes to its Marco Polo Club programe with the introduction of a revenue-based mileage accrual system.

Ivan Chu, the airline’s chief executive, told Hong Kong’s Apple Daily newspaper that, should it be implemented, the system is consistent with the ongoing industry trend already adopted by British Airways (see news, January 28) and United Airlines (see news, June 2014).

It would work by calculating the amount of miles earned according to the price of each individual fare, so passengers on cheaper fares would earn significantly fewer miles than they currently do.

On the flip side, those that purchase the more expensive flexible fares, typically more than double the cost of discounted tickets, could earn up to 65 per cent more miles than currently.

The existing mileage accrual system is based on fare classes, in which customers that pay for pricier economy class fares and earn 100 per cent of total miles travelled. While several fare classes do grant only 25 per cent or no miles at all, these are only applicable for heavily discounted fares.

Other reported changes to the programe include reducing the perks that Green and Silver tier members can enjoy. In particular, Chu was quoted saying the airline would limit lounge access privileges for Silver cardholders.

Silver tier members are currently able to enjoy unlimited use of all Cathay business class lounges, but Chu said the airline would soon introduce an annual cap for these visits as a means of reducing crowds at its lounges.

For those holding the Green card, which costs US$50, the report said planned changes include cutting priority check-in and priority boarding privileges, in order to reduce queues at the airport and boarding gates.

Our sister publication Business Traveller Asia-Pacific contacted Cathay to obtain official confirmation of the report, but the airline would only confirm that a review of the Marco Polo Club is under way.

A spokesperson said: “We’re aware of the [Apple Daily] report, but the comments were made in passing at the IATA AGM, and not through Cathay’s [official channels]. Therefore, we can’t comment more on this.”

business traveller誌より

*************

これによると今後マルコポーロクラブ(アジアマイル)は以下のようになると

1、マイル加算を飛行距離と運賃クラスから購入代金連動加算(アメリカ航空会社方式)への変更

それにあわせて一部のステータスでは改悪が導入

2、マルコポーロクラブ銀(ワンワールド ルビー)

こちらについてはキャセイラウンジ無制限な入室に回数制限の実施

※まあルビーでもラウンジに入れてくれるのは太っ腹なんですけどね。

3、マルコポーロクラブグリーン(平)

優先搭乗、専用チェックインカウンターの廃止

もはや何の特典も残らねーw

もちろんこれは正式な発表はされていまんので、それを待つしかありませんが改悪に近い改革が待っているのは間違えないでしょう。

ここにも書いていますが、航空人口が増える中で必然と上級会員が増えてしまった中で「ガチなお得意様会員」からラウンジが混むなどのクレームが増えているんでしょう。

そのためのふるい落としがあっちこっちの航空会社でスタートする中でキャセイもその流れに乗るということでしょうか。

以上ですが、こういった流れには遅かれ早かれ日系航空会社の会員システムにも導入されると自分は思っていますがそれについては次回書いてみたいと思います。


関連記事


カテゴリー: キャセイ航空搭乗記・機内食・ラウンジ利用記   パーマリンク

キャセイパシフィックマルコポーロクラブ 大改悪されるらしい。 への2件のコメント

  1. kazukun より:

    本当に世知辛い世の中になりました(涙)
    でも、シルバーの回数制限は回避されたようですね。。。

    確かに『ガチなお得意様』が一番大事でしょうからね。。。

    でも、それによってLCCに流れて結局利益喪失ってオチにならないかなと期待してはいますが、、、

  2. Junya より:

    一言でいってshow me the money ! ということなんでしょうけど、「申し訳ございませんがございません」、というのが回答ですねw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。