アシアナ航空 OZ712 台北-仁川(ソウル) ビジネスクラス搭乗記 1

スポンサードリンク

ではではアシアナ航空さんでソウルまで戻りましょう!

こちらが本日の機材です!A330だったと思います。

ありがたく左の通路を使わせていただきます。

以前紹介した機材と同じものですね。

アシアナ航空のCAさんはお上品な人がそろっていましたね。そう考えるとキャセイは結構ワイルドなCAさんが多いかもw

さすがに疲れ気味だったのお水にしておきます。


関連記事


カテゴリー: アシアナ航空搭乗記・機内食・ラウンジ利用記   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

アシアナ航空 OZ712 台北-仁川(ソウル) ビジネスクラス搭乗記 1 への2件のコメント

  1. Hakata4101 より:

    Junyaさんこんばんは。この前仁川でキャセイからアシアナに同日乗り継ぎしたときに両社のCAの差をもろに感じました。ラストフライトである福岡行きOZ132便の搭乗アナウンスの際CA全員が頭を深々と下げていたのが印象的でした。ホントアシアナのCAは美人が多いですね。入社試験のときルックス重視だからでしょうか。特に出発前の1,2,3クリアのアナウンスはすばらしいと思います。それだけきめ細かくやっているのではないでしょうか。
    一方のキャセイは香港ベースであるものの親会社がイギリスなのでCAはやや放任主義的な感じを受けます。ただしこちらからお願いすれば何でもやってくれます。とにかくやるところはきちんとこなしていると感じがします。

  2. Junya より:

    hakataさん、こんばんは。アシアナのCAさんは儒教の国の航空会社だけに礼儀とか半端ないですよね。1.2.3クリアーのあとにそろってお辞儀するのは感動しますね。キャセイについては自分も同意見です。自分はどちらでもOKという感じです。それぞれのお国柄がでて面白いものです。逆をいうと多国籍CAをかき集めているエミレーツやカタールは中東という雰囲気がまったくしません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください