アシアナ航空 エコノミークラス 羽田-仁川 搭乗記 その2

スポンサードリンク

なんかずいぶん新聞が豊富に用意されていたので2紙ほどいただく、早朝なので新聞より寝たい人が多いのでしょうね。

座席は3-3で自分の席は隣は空席でした。

抜け目なく充電

事故が起きて数日の搭乗ですが、乗務員の人はいつも通りに業務をこなしている感じでした。

で機内食はこちら、1年前に乗ったときと同じメニューでびっくりしました。まあおいしいからいいですけどね。

この便が素晴らしいのはとにかく早朝なんで眠いため「食事をとったあとは、爆睡」で気が付くとソウルってケースが多いこと。

やってきましたソウル!!!!!1年ぶりですね。この1年でだいぶ外交的にはイケてない状態になりましたねw

そんな私は例によってTransferカウンターです!


関連記事


カテゴリー: アシアナ航空搭乗記・機内食・ラウンジ利用記   タグ:   この投稿のパーマリンク

アシアナ航空 エコノミークラス 羽田-仁川 搭乗記 その2 への3件のコメント

  1. kazukun より:

    早朝でもキチンとmealを提供するアシアナは好意的に見ています。安全運航だけは、気を付けて欲しいものですが(^^;)

    transitは私仁川ではしたことないですが、OZ→CXのアライアンス違いだと、ソウルで荷物とかもやり直しですか?少し気になりますね(^^;)

    しかし、外交的にはここ数年でも最悪じゃないですかね(笑)まったく。

  2. Junya より:

    いつも羽田で最終目的地までの預けをやってもらいますが、慣れてないスタッフは苦労されています。本当ごめんなさい。。。。w

    今回は帰りも慣れてないスタッフで大変でしたが、そこも押し込みましたw

    両国の首脳とも妥協する気はなさそうですが、おかげで被害をこうむるのは旅行業界と航空会社ですね。。。。

  3. kazukun より:

    スルーバゲージできるんですね(゚o゚;
    ちょっと意外でした!

    本当、平和でないと民間航空や旅行は成り立ちませんからね。
    正直今、中国に観光で行くかと言われると、行く気にはなれないですしね(苦笑)
    香港はまあ、別としてますが(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。