とある欧米バックパッカーの勘違い

スポンサードリンク

モンテ・アルバンに向かうバスに途中からみすぼらしい格好をしたカップルのバックパッカーがバスに乗り込んできました。どうもオアハカ市内からモンテ・アルバンまでバス代をケチって歩こうとしたらしいですが、あまりの急斜面の山道に断念して乗ってきたようです。まあそれもちゃっかりのタダ乗りなんですが。

まあそれはいいとしてびっくりしたのは、モンテ・アルバンに着いたらチケット売り場で国際学生証やらを出して「無料もしくはディスカウントで入れろ」とか騒いでるわけですよ。売り場のおばさんはまったくもって相手にしていませんでしたが。w

チケットは500円弱なわけですが、「こいつら恥ずかしくないのか?」と思いましたね。 で断られたら入らないでバス停に戻っていきました。

「何がしたかったの?」と「わかきゃ何でも通ると思っているの?」とはるばるアジアから来た旅行客は思いましたね。


関連記事


カテゴリー: メキシコ   タグ:   この投稿のパーマリンク

とある欧米バックパッカーの勘違い への3件のコメント

  1. kazukun より:

    ケチにもほどがありますね(汗)
    金の正しい使い方すらしないでけちるのは、まずいとおもいます。

  2. Junya より:

    まあパリに3回行ってエッフェル塔に今まで昇ったことがない自分が言えた義理ではないんですがw

    理由
    1、高い
    2、並ぶのが面倒くさい

  3. kazukun より:

    いやはや、同じじゃないですよ
    高いなら登らないならいいんです。
    不当な値切りをするなと( ・_・;)

    まあ、私もエッフェル塔登ったの一度だけですからね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。